FAQよくあるメールトラブル質問

最近自分ドメインからフリーメールやプロバイダーメールにドメインメール転送をした場合、ある日届かなくなる事例が増えています。現在判明している判例を報告しております。ぜひ一読されてください

添付ファイル送信の注意

Base64でエンコードする際に約138%のサイズになってしまうので、実質添付できるファイルサイズは以下のようになります。
添付ファイル(画像)など 1.2倍増えます

メールサイズの上限設定
実際に添付できるファイルサイズ例
10MB=7.2MB
5MB=3.6MB
2MB=1.4MB

GmailやHotmailへの転送注意

ユーザの多くが、個人的に取得している@gmail.comのアドレスにメールを転送する設定にされるようです。
こうした無条件の転送ではSPAMも転送されることになり、@gmail.comのメールサーバからは転送元のメールサーバがあたかもSPAM送信者であるかのごとく見えてしまいます。このため@gmail.comのメールサーバがあなたのメールサーバからの接続を一時的に拒否する動作となる危険が増えます。

出来れば「外部サーバーへの受信設定」を行ってください。

Gmailへの転送方法

  1. 転送元の Gmail アカウントを開きます。
  2. 右上の歯車 Settings をクリックします。
  3. [設定] を選択します。
  4. [メール転送と POP/IMAP] タブを選択します。
  5. [転送] セクションで [転送先アドレスを追加] をクリックします。
  6. 転送先のメールアドレスを入力します。
  7. セキュリティ上の理由から、転送先のメールアドレスに確認メールが送信されます。転送先のメール アカウントを開いて、Gmail チームからの確認メールを探します。確認メールが見つからない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
  8. 確認メールに記載されている確認リンクをクリックします。
  9. Gmail アカウントに戻り、再読み込みアイコン Reload を探して、ウェブブラウザのページを再読み込みします。
  10. 先ほどと同じ [設定] の [メール転送と POP/IMAP] ページで、[受信メールを... に転送して...] がオンになっていること、指定したメールアドレスがプルダウン メニューに表示されていることを確認します。
  11. 2 つ目のプルダウン メニューで、転送後の Gmail でのメッセージの処理方法を選択します。[Gmail のメールを受信トレイに残す](推奨)、[Gmail のメールをアーカイブする] などの選択肢があります。
  12. ページの下部にある [変更を保存] をクリックします。

独自ドメインからHot-Mail(outlook.com)に転送すると正当なメールでもスパム登録される

outlook.comはメールの判定基準が厳しめになっているようです(2015/11現在)

ユーザーで変更可能な部分
・この送信者からのメールをブロックしようとした場合
・自分で [迷惑メール] に振り分けたメール
・管理者が設定したポリシー
———————————————————
ユーザーでコントロール出来ない部分
・なりすましたメールアドレス
・フィッシング詐欺
・未確認の送信者からのメール
・ブロックされた送信者と不審なメールとの類似点
・大きすぎる添付ファイル

Gmailの場合も同じで受信許可のための差出人セーフ リストと受信拒否リスト」で追加活用してください。

 

独自ドメインからGmailに転送すると正当なメールでもスパム登録される

現在以下の情報で判断しているようです。(2015/11現在)

ユーザーで変更可能な部分
・この送信者からのメールをブロックしようとした場合
・自分で [迷惑メール] に振り分けたメール
・管理者が設定したポリシー
---------------------------------------------------------
ユーザーでコントロール出来ない部分
・なりすましたメールアドレス
・フィッシング詐欺
・未確認の送信者からのメール
・ブロックされた送信者と不審なメールとの類似点
・内容が空のメール

このようにユーザーでコントロール出来ない部分でトラブルが発生しております。
お客様ドメインで受信されたメールを素直に転送すると、独自ドメインで受信されたスパムメールも転送してしまいますのでお客様自身のドメインサーバーがスパムサーバーとGmailで判断されることがあります。

このためできればGmailに転送によるメール集約ではなく、IMAPで独自ドメインメールをのぞきに来るような御利用を推薦します。

 

メール転送設定で迷惑メール扱いされる(ヤフーメール編)

yahoo/ヤフーメールサービスをお使いのお客様で、自社ドメインで転送設定を行うことで迷惑メール扱いすることが多発しております。

サーバー不調ではなく送信者のメールアドレスを救済リストに事前登録しないと受信できないようになっておりますので、ユーザー様個別で対応お願いいたします。
【ヤフー対応説明サイト】

http://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/565/a_id/47577

お客様で「なりすましメール拒否機能を有効設定」にすると、なりすましの疑いがあると判断されたメールはすべてヤフー側で受信拒否されます。
このとき、次のようなメールも受信拒否の対象となってしまう可能性があります。

メーリングリスト経由のメール
メール転送サービス経由のメール 
送信元にプロバイダ提供のメールアドレスを設定し、該当プロバイダ以外のメールサーバーから送信したメール

メール拒否から救済したい場合は、転送用メールアドレスやメーリングリスト、特定のメールアドレスを「救済リスト」に追加しておく必要があります。

Gmail側で突然遅延または拒否される

1.SPF への対応を行う
2.DKIM への対応を行う
4.SMTPサーバーの逆引き
5.SMTPサーバーがBlackListに登録されていないか確認する
7.受信者へスパム解除の作業をお願いするか、Googleさんへ問い合わせ

お客様側

転送設定

Outlook Express 5

Outlook Express 5

b01まずはじめに587に変更するすため、メールアカウントを開きます
あなたのメールアドレスをブルーバックにクリックし、プロパティーをクリックします
それぞれ「受信メール(pop3)」と「送信メー」(SMTP)を正確に入力します。
「このサーバーには認証が必要」にチエック設定ボタンをクリックします
「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」をチエックします
「詳細設定」で送信メール(SMTP)を 587とします
最後に作成されたアカウント名を確認して、よろしければ「閉じる」で設定を更新させます

Outlook Express 6

Outlook Express 6

まずはじめに587に変更するすため、メールアカウントを開きます
あなたのメールアドレスをブルーバックにクリックし、プロパティーをクリックします
それぞれ「受信メール(pop3)」と「送信メー」(SMTP)を正確に入力します。
「このサーバーには認証が必要」にチエック設定ボタンをクリックします
「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」をチエックします
「詳細設定」で送信メール(SMTP)を 587とします
最後に作成されたアカウント名を確認して、よろしければ「閉じる」で設定を更新させます

Outlook 2007

Outlook 2007

まずはじめに587に変更するすため、メールアカウントを開きます

 

 

あなたのメールアドレスをブルーバックにクリックし、プロパティーをクリックします
それぞれ「受信メール(pop3)」と「送信メール(SMTP)」を正確に入力します
「このサーバーには認証が必要」にチエックし設定ボタンをクリックします

「SMTP」を必ず587とします

© 2020 株式会社グランブルー